支払督促が届いたらとにかく早めの対処が求められる

どういった内容かにもよりますが、基本的に支払督促が届いてしまったら早めの対処が求められます。督促状を受け取ってから一定期間そのままにしてしまうと、裁判に発展するなどして財産の差し押さえなどになる可能性があるためです。

 

そもそも、支払督促が届く段階というのは相当なものです。借金返済であれば数日や数週間程度の遅れではなく、数ヶ月単位、或いは年単位での返済をしていないなどの状況で、借りたお金もほとんど支払わずに連絡も取れないなどのどうしようもない状況とも言えます。

 

督促状は支払いができなくなった方に真っ先に送りつけられるものではなく、まずはその前に電話での連絡や催促状が届く場合がほとんどです。催促状を受け取った時点で連絡をして返済の相談をし、今後の支払いのプランを立て直しておけば支払督促が届くような状況は避けれます。

 

しかし、催促状が届いても無視をし、お金がないから、払うつもりがないからとそのままにしてしまうと冒頭のように支払督促が届くようなことが起こり得るのです。

 

督促状には連絡先が書かれているため、その時点で支払いをすることを決意するのであればすぐにでも連絡を入れておくべきです。ただ、督促状が届くような段階で今のままでは返済が難しいと返済プランの見直しを持ちかけても、多くの債権者が応じてくれないことでしょう。

 

プランの見直しであれば督促状を送付する前の段階でも行えていたはずなので、その時点で全額の返済をするなどでなければ債権者が交渉に応じてくれる可能性は低いです。

 

では督促状を受け取った時点で全額返済ができなければどうすれば良いのかと言えば、まずは弁護士への相談です。借金状況なども含め支払督促が届いた場合の相談を行い、その後の解決に向けて手を貸してもらうべきでしょう。最近では多くの弁護士で相談は無料となっているので、督促状が届いた場合にはなるべく早めに相談をし、問題を大きくしないようにしてください。