2016/11/02 15:33:02 |
示談と言っても様々なものがありますが、最近よく聞くようになったのが交通事故関連の示談です。弁護士でも交通事故の示談交渉を受けてくれるところが増えてきており、解決事例を多く持つ弁護士事務所であれば被害者側がより有利になるような条件での示談を成立させてくれます。交通事故の示談はしっかりと進めないと被害者側が損をしてしまう場合が多く、特に慰謝料などの面では弁護士に依頼をするとしないのでは大きな金額の開きが生じます。事故の程度や怪我の状況によっては依頼の前後で慰謝料額が数十倍も変わるケースもあるため、交通事故の被害に遭ってしまったらまずは弁護士に相談をするのが基本とも言えます。弁護士での交通事故被害の...
2016/11/02 15:33:02 |
本来、借金はしっかりと返す必要があり、利息がある契約なら借りたお金に加えて利息の支払いもしなければなりません。しかし、闇金となると話は別です。闇金とは貸金業者として必要な届出をしておらず、法律で定められた金利を遥かの超過する条件での貸し付けを行う違法業者です。常識的に考えて返せないような利息での請求をしてくるため、利用をすると家族にも会社にも迷惑をかけてしまう場合があります。闇金への返済のために新たな闇金から借金をしてしまうと状況は悪化する一方で、返済サイクルが一週間などになっている闇金を利用していると毎日のように返済日が訪れることになります。当然、毎日のように返済などできるはずもなく、返済が...
2016/11/02 15:33:02 |
正規業者で借りられない方がお金に困ったときに、闇金の被害にあってしまうケースが後を絶ちません。闇金はまともな審査もせずに少額を貸し付け、違法な金利による法外な利息請求をするのが主な手口となります。とても払えるような金額ではない利息や、少しでも返済が遅れると異常なまでの延滞金の請求をしてきますが、これらは当然ながら全て違法な貸し付けであるために本来は支払いの必要はありません。しかし、闇金側も違法な貸し付けとは分かっているため、返済がされない場合には暴力的な取り立てによってお金を請求してくるのです。もともとお金が無くて返済ができなくなっているのに、そこに異常なまでの高金利や延滞金をつけられたら支払...
2016/11/02 15:33:02 |
どういった内容かにもよりますが、基本的に支払督促が届いてしまったら早めの対処が求められます。督促状を受け取ってから一定期間そのままにしてしまうと、裁判に発展するなどして財産の差し押さえなどになる可能性があるためです。そもそも、支払督促が届く段階というのは相当なものです。借金返済であれば数日や数週間程度の遅れではなく、数ヶ月単位、或いは年単位での返済をしていないなどの状況で、借りたお金もほとんど支払わずに連絡も取れないなどのどうしようもない状況とも言えます。督促状は支払いができなくなった方に真っ先に送りつけられるものではなく、まずはその前に電話での連絡や催促状が届く場合がほとんどです。催促状を受...
2016/11/02 15:33:02 |
借金返済が難しくなった場合に用いることが多い任意整理は、自分自身で進めるよりも弁護士や司法書士などの専門家に相談をしてから依頼をするのが一般的です。というのも、任意整理は債権者との借金減額の交渉となるため、素人である借り手が自分ひとりで進めても交渉がうまくいかず、任意整理の合意が得られないのです。任意整理は自己破産などとは異なり、法的な拘束力が無い債務整理方法となるため、持ちかけても債権者がYESといわなければそれまでです。そうなると今まで通りの返済を続けていくしかなく、返済が行えないようであればそれこそ自己破産しか道は無くなります。そうなる前に任意整理は何としてでも成立をさせたいものなので、...